花子かわいいよ

花子。かわいいよ花子。えっ何?何でこんなにかわいいの? かわいい。本っ当にかわいい。かわいいわ。何つーか、その、かわいい。ばりばりかわいい。花子をミキサーにかけて、どろどろした花子ジュースをつくったとしても、絶対かわいい。もうヤベェ。ヤベェよ花子。ヤベェヤベェ。電柱があって、その電柱を花子と思い込めばかわいいもん。もう何だろうな。死ねよ。死んじゃえよ。何でお前みたいなのが生きてるんだよ。もう死んじゃえよ。マジで。ホンットに死ね。頼むから。死んでくれよ花子。ホントに。かわいいよ。花子。かわいいよ。死んじゃえよ。かわいいよ。何だよ。お前なんだよ。何で花子なんだよ。やめちゃえよ。もう花子やめちゃえよ。一体いつまで花子なんだよ。どうすんの? お前花子でどうするの? 何がいいの? そんなに花子でどうしたい? 何がしたいの? お前は? 生まれたときから花子で。もうずっと花子だろ。どうすんの? どうなるの? 花子。花子。花子? おい。花子? 花子なのか? もういいよ。花子。充分花子だったじゃん。お疲れ様。代わるよ。俺が代わるよ、花子。もう俺が花子でいいよ、花子。花子でいい、つーか、花子だわ。もう俺が花子だわ。すげぇ、俺、すげぇや。俺でありながら花子だもん。すげぇ。ホントすげぇ。すげぇ上にかわいい。ホントかわいい。かわいいわ、俺。ほんとに俺ってば、かわいい。極々にかわいい。かわいいわ、俺。俺っていうか花子。花子かわいいよ、花子。

 (詩集「複雑骨折」思潮社より)

Hanako, you are so cute.

Hanako. You are so cute, Hanako. Really Why are you so cute? Cute. Really cute. So cute. What could I say, ummCute. Tremendously cute. Even if I put Hanako into a blender and make thick Hanako juice, you would be definitely cute. You made me fuckin crazy. You are fuckin’ Hanako. Fuckin' cute. If there is a telephone pole and I believe it’s Hanako, it will be cute. What should I say? Die. You should die. Why you can be living? Why don’t you die? I’m serious. You should die, seriously. Please. I want you to die. Seriously. Cute. Hanako. So cute. You should die. Cute. What? You are what? Why you are Hanako? You should quit. You should quit Hanako. Until when will you keep being Hanako? What will you do? Youre so Hanako, what will you do? What are the good points? Youre that much of Hanako, what do you want to do? What do you want to do? You were? You were Hanako when you were born. And you have always been Hanako. What will you do? What will become of you? Hanako. Hanako. Hanako? Hey. Hanako? Are you Hanako? Thats enough. Hanako. Youve been Hanako enough, right? You must be tired. Leave it to me. I can take your place, Hanako. I can be you, Hanako. Its OK Im Hanako, I mean, Hanako is me. Finally, I am Hanako. Awesome, Im awesome. I am me and Hanako at the same time. Awesome. Totally awesome. Awesome and also cute. Really cute. How cute I am. I am really cute. Extremely cute. How cute I am. I mean Hanako. Hanako, you are so cute, Hanako.



まわる地球


 地球ってバカ。超バカ。だって自転とか言って一日一回まわってんの。ひどくバカだよ。普通まわるか? 一日一回。まわんないよねぇ。だってバカみたいじゃん。っていうかバカだからまわってんだろうけど。俺だったらまわんないよ。そんなバカみたいなこと、頼まれたってやんないよ。やるわけないじゃん。ま、地球には地球の事情ってもんがあるんだろうけどさ、あれ別にやらされてるわけじゃないっぽいよ。何の罰ゲームでまわってんのかなぁって思ってたっしょ? 違うみたいよ。嫌々とかじゃなくて、自主的に。自ら進んでやってるんだって。自ら進んで。何考えてまわんだろうねぇって思わない? したらやっぱ聞いちゃうじゃん、何がおもしろくてまわってんの?って。なのに何も答えねぇの。好き勝手にまわるだけまわっといて、いざそのことについて聞かれたら、何も答えらんないの。ちょっとどうかと思うよ。そんなんじゃバイトの面接受かんないよ。あっ、だからバイトしないのか、地球。とにかく、もうまわることについて問い詰めてもしょうがねぇからさ、地軸の話しようぜってことになって、聞いたの。何で傾いてんの?って。そしたら地軸の傾きと公転が四季つくるんですよって、答えになってないの。地軸のこと聞いてんじゃん? なのに四季とか言い出してわけわかんない。いや俺だってこんなこと言いたくないよ。年上づらしてさ、感じ悪いじゃん。けど俺が言わないとさ、みんな言わないじゃん。地球でかいからこわいって。でも誰かが言わないといけないことっしょ。地球ももういい年だし、いつまでもバイトもしないでまわってばっかりって訳にもいかないでしょ。とか言ってるうちに日が暮れたよ。人の気も知らんで、ようまわるわ、地球。まわることに関してはバカに律儀なんだよな。ま、バカだからまわってんだけど。しかしバカだねぇ。バカだよ。バカとしか言いようがないよ。あっぱれ。ここまでバカだとあっぱれだよ。地球あっぱれ。地球あっぱれ。もう地球に何言っても無駄だよ。まわりたきゃまわってりゃいいさ。一日一回でも二回でも、好きなだけまわってりゃいいよ。まわれ。地球まわれ。まわれまわれまわれ。あっぱれ。地球あっぱれ。あっぱれあっぱれあっぱれ。

(詩集「複雑骨折」思潮社より)


Earth Rotating


Earth is stupid. Super stupid. Because it rotates once a day, saying it’s the rotation. So stupid. Would you normally do that? Once a day? No, you would not. Because that’s stupid. Maybe it rotates because it’s stupid. I wouldn’t do that stupid thing, even when somebody asks me to. No I wouldn’t. Well, earth may have its own reason to do so. Looks like it is not forced to rotate. You may have been thinking, is that a punishment? No, that is not a punishment. It rotates voluntarily and willingly, not unwillingly. You may say, what is it thinking while rotating willingly and voluntarily? You can’t help asking. Why are you rotating? You think that is funny? It wouldn’t answer anything. It rotates freely, but can’t answer a thing when asked why it rotates. I wonder if it is ok. It can’t pass the job interview. Oh, that’s the reason why the earth doesn’t have a job. Since it was useless continuing to interrogate why it rotates, we’ve changed the topic of the conversation to the axis of the earth. And I asked, why the tilt? It said, the tilt and the revolution make the four seasons possible. That’s not the answer I was looking to get. I asked about the tilt of the axis. But it talked about the four seasons. Doesn’t make any sense. No, I am not trying to be mean and bossy. That doesn’t make you look good. But if I don’t say it, nobody would say it. The earth is scary because it so huge. Somebody has to bring that up. It is about that time the earth should get a job instead of rotating forever. While I was talking, the sun has set. The earth doesn’t know my feeling. It just keeps rotating. It is so stupidly strict about keeping the rotation. It is rotating because it is indeed stupid. But it is so stupid.  No other words but stupidity is fit to describe the earth. It is so awesome. This degree of stupidity is on the contrary awesome. Earth is awesome. Earth is awesome. It’s a waste of time saying anything to the earth. If it wants to rotate, let it rotate. Once a day or twice a day as much as it wishes to. Rotate. Rotate, earth. Rotate rotate rotate. Awesome. Earth is awesome. Awesome awesome awesome.



YES ( or YES)


すべてにみあきたぼくに めだまのないどうぶつをこしらえてくれる とうさんあなたはえらいひとだ えらいひとだ じゅうじきいのしはいからどくりつせよ こどもたち もしくはこどもたち ごちょうめがせんそうでぼろぼろだ だからにちょうめでくらす、ぼくはひつじをもたないゆうぼくみん ひつじがないぶんぼくのほうがはやい ひつじなんてもつもんじゃない めだまのあるいきものにろくなものはいない かぜにめだまをつけるのさ そしたらぼくはいらないひとだ かぜさえふけばことたりる かぜかぜかぜかぜかぜかぜかぜかぜ どこえいってもかぜまみれ どこかのかぜがせきこんだ かぜからかぜへとかぜがうつる とめどないかぜのかぜのうつしあい びょうきになるのはごめんだぜ 「けんこうなかぜのそくどはいつもかいてきです」 かぜひょうろんかのせりふはいつもぼくをどきどきさせる しかし そのあいだにぼくはめだまのないどうぶつをおとしてしまい めだまのないどうぶつはかぜにとばされ あっちへいったりこっちへいったり いばしょがないからどこへでもいけるのさ といっためだまのないどうぶつはおしゃべりがすぎるので こんどはくちのないどうぶつをつくってもらおうとおもう

詩集「YES ( or YES)」思潮社より

Yes (or Yes)              


You made an animal without eyeballs for me, who gets tired of looking at things, Dad, you are an amazing man, Amazing man. Free from D-pad, children or children.  5-Chome was totally destroyed by the war, so I live in 2-Chome as a nomad without sheep.  I am all the faster for not having sheep. Screw sheep, ‘cause no creature with eyeballs can be any good. I put eyeballs in the wind, and I will be the one unnecessary. All we need is the wind blowing. WIND WIND WIND WIND WIND WIND WIND. I am covered with the wind wherever I go. A wind from somewhere coughed, and another wind caught a cold. Endless infection of common cold from wind to wind. I refuse to catch any diseases. "Healthy wind speed is always comfortable" My heart is always beating for lines from the critic of wind. But, I dropped the creature without eyeballs. The creature without eyeballs was blown away by the wind and went this way and that.  “There is no place for me, so I can go anywhere”, the creature without eyeballs said. It talks too much. Next time, I think I will get a creature without a mouth.



この先の方法

あたらしいほうほうをさがしているとちゅうなので  かえりみちをもやされても み

ているふりしかできなくて もうしわけなさをふりかけても どげざにみえないこのあ

りさま くびをしめるとてあかがつくから それがきょうのめじるしです てきせつな

じかんにひびのてあかをてきかくに てきとうなきぎからてきとうなきぎへ もうまよ

えない このくらやみはいつもあかるい ざんねんだけどざんねんだ あくことのない

すいとうでぬれたよるをもちあるく このよるのしめりけは みずのかおによくにてる

 このよるのしめりけに ゆうひをまるごとおとしても なんのおともしないので せ

めてぼくはひめいをあげる こんなひめいになまえをつけた なづけおやがあたらしす

ぎる ぼくがこうていするまえに よるはじゅんとうにまちがえて ながれるよるのま

ちがいに ことのはなんてなまえをつけた きみのげひんなかんぐりは それでもぼく

にひをともす 「すべてうそですがしんじてください」 かみくずにかかれたかみじみた

かみが かみなでごえでぼくにいう そのすぴいど、それはうまれるそくどによくにて

る はながさくたびかなしいのは それでもぼくにはかんけいないから そとがわにさ

くはなとりこんでみても ゆるしてくれよとぼくがいう ぼくみたいなぼくにいう い

つでもだれでもよかったけれど、かなしみはいつもかなしめず、さびしそうにわらうだ

け こんなふうにちからつきてみせる すきとおったぼくは あいつのおきにいり な

まえをしらない けれどきにすることはない あいつもぼくをなまえでよばない そら

がとぶ そらでとぶ そらがとぶ そらでとぶ そらがとぶ そらでとぶ そらのそら

でそらがそらでそらのそらがそらでとぶ


詩集「YES ( or YES)」思潮社より


inserted by FC2 system